映研主宰の先輩に言われた強烈な一言、「映画なんてみんな好きだから、趣味なんて言えないよ」。

ちょっと映画好きなアンチOL@亜都の映画鑑賞の記録。
是非、お勧め作品があったら気楽〜ぅに教えて下さい☆
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by : スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
<< アイランド | main | クラッシュ >>
ティム・バートンのコープスブライド
評価:
ジョニー・デップ,ヘレナ・ボナム=カーター,エミリー・ワトソン,トレイシー・ウルマン,ティム・バートン,ダニー・エルフマン
死者の世界もいいかもね
美しい!
命は無くても『生きてます』
19世紀ヨーロッパ、ある結婚式が迫っていた。新郎はビクター、成金夫婦の気弱な一人息子。新婦のビクトリアは、落ちぶれた貴族の娘。政略結婚だったが、若い2人は出会った途端、互いに好意を抱く。
しかし、内気なビクターはうまく誓いの言葉が言えず、森で1人練習することに。そこで偶然、小枝の如き死体の花嫁=コープス ブライドにプロポーズしてしまい…。

現世はモノトーンに、あの世の住人たちが暮らす幽界はカラフルに彩られている、それがバートン風のコダワリなんだそうだ。
ビクターの声はジョニー・ディップ、彼のインタビューを聞いた時、『チャーリーとチョコレート工場』と同時期に製作されたようなことを言っていたが、よくまぁ…やったなぁ、ハードだわぁと感心してしまうS
コープスブライドの声は、ティム・バートンの私生活のパートナーでもあるヘレナ・ボナム=カーター。

パペットを1コマ1コマ動かして延々と撮影していく、ストップ・アニメーションの手法が取られている本作。私には考えただけで気が遠くなるS
ティム・バートンの作品は、『チャーリーとチョコレート工場』もそうですが、子どもと一緒でも安心して観れるのでいいですね。いつか子どもが出来たら、一緒に観たい作品に仲間入り(泣くかな?)
Posted by : 亜都 | た行 | 17:29 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
Posted by : スポンサードリンク | - | 17:29 | - | - | - | - |
コメント









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
TOP