映研主宰の先輩に言われた強烈な一言、「映画なんてみんな好きだから、趣味なんて言えないよ」。

ちょっと映画好きなアンチOL@亜都の映画鑑賞の記録。
是非、お勧め作品があったら気楽〜ぅに教えて下さい☆
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by : スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
<< ナルニア国物語 第1章:ライオンと魔女 | main | アイランド >>
イーオン・フラックス
評価:
シャーリーズ・セロン,マートン・ソーカス,ジョニー・リー・ミラー,ソフィー・オコネドー,アメリア・ワーナー,フランシス・マクドーマンド,カリン・クサマ,ピーター・チョン,フル・ヘイ,マット・マンフレディ
何をしても気品を失わないシャーリーズセロン
みどころは主演女優のシャーリーズ・セロン
何でもアリ♪は映画の特権!
2015年、穀物の品種改良によって発生した突然変異ウイルスは、全人類の98%を死滅に至らしめた。ワクチンを開発により人類滅亡の危機は回避された。残された500万人の人々は、以後400年間壁に囲まれた都市の中で、ワクチンの開発者である科学者トレバーを中心とした政府を確立し発展を遂げてきた。
そんな中で、厳しく統制された政府のやり方に疑問を抱き、理想の未来のために戦う、反政府組織“モニカン”は、活動を続けてきた。
モニカンの優秀な戦士である、イーオン・フラックスは、かつて政府にたった1人の家族であった妹を殺され、復讐の機会を狙っていた。そんな彼女に、念願の君主暗殺の命令が下り…。

試写会にて鑑賞。
主演は、『モンスター』のシャーリーズ・セロン。
監督が日系人なのだそうで、随所に日本的要素が表されている…というのですが、スタイリッシュに持ってきた、あくまでアメリカ的なジャパニズム。
変な傘、使い勝手悪そうなキッチン…生活感はあまりない感じです、微妙S

未来的SFアクションって、どうしても最初説明から入るんですよね。
どうしてウイルス? どうして壁都市?…あー外界はウイルスで400年経っても、汚染されてるのね?
…って、頭をまず整理してから入らないとワケが解らない@個人的には、バカっぽいですが。
元がアニメだから、多少仕方ないんですよね。

シャーリーズ・セロンのルックス的には、なんかマトリックスっぽい?
キレー、スタイルチョー良い

ストーリーは、うーん…物凄く飛躍的過ぎて、リアリティないので、共感とかいう次元ではなくて。
面白いか?と言われても、強いて面白くもない…一歩引いてる気がします。
ただ、「シャーリーズ・セロンを観に行った」という感じ。
生命の尊厳を守るために戦っていると言うくせに、簡単にバンバン人を殺す事も、そして結末さえも納得いきません。やっぱ、マンガだな…という気がしました。
Posted by : 亜都 | あ行 | 17:27 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
Posted by : スポンサードリンク | - | 17:27 | - | - | - | - |
コメント









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
TOP