映研主宰の先輩に言われた強烈な一言、「映画なんてみんな好きだから、趣味なんて言えないよ」。

ちょっと映画好きなアンチOL@亜都の映画鑑賞の記録。
是非、お勧め作品があったら気楽〜ぅに教えて下さい☆
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by : スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
<< 阿修羅城の瞳 | main | イーオン・フラックス >>
ナルニア国物語 第1章:ライオンと魔女
評価:
ジョージー・ヘンリー,ウィリアム・モーズリー,スキャンダー・ケインズ,アナ・ポップルウェル,ティルダ・スウィントン,ジェームズ・マカヴォイ,リーアム・ニーソン,ジム・ブロードベント,アンドリュー・アダムソン,C・S・ルイス
後半の展開早すぎ。
子供向けだが大人も楽しめる映画
息子の一番のお気に入り
映像化不可能と言われたイギリスを代表するファンタジーの映画化。原作者は、C.S.ルイス。

ドイツ軍の空爆が激化する第二次世界大戦下のロンドン。戦火を逃れるため、ぺベンシー家の4人兄妹も田舎へ疎開することに―。
4人が預けられたのは広大な屋敷、末娘のルーシーは偶然、空き部屋の衣装だんすが別世界(ナルニア国)と繋がっていることを知る。そこで彼女は半神半獣のフォーン、タムナスさんと知り合う。そこは、喋る不思議な生き物達と魔法が息づく神秘の世界、人間こそが伝説上の存在。
白い魔女に100年もの長い間支配され、民は春を奪われ、恐怖が支配する永遠の冬に閉じ込められていた。自らを女王と名乗り、魔力で君臨する彼女に逆らう術はない。
ルーシーは、ナルニア国の創造王アスランの帰還と予言の「世界を救う」という4人の子どもの出現を恐れる魔女に命を狙われるが、タムナスにより元の世界へ戻される。
しかし、彼女を救ったためにタムナスが魔女に捕らえられ、これを知った兄弟達は魔女の元へ向かうのだが…。

『ロード・オブ・ザ・リング』と似ているのかと思っていましたが、こっちの方が全然良かったように思いました。友人は、「『ロード・オブ…』の子ども版みたいなものだと思うよ」と言っていましたが、全然解り易くて、夢中で観ました。(確かに私、精神年齢低いですが。)
原作は7部作、続編は作られるのだそうですね。
正直このまま終わった方が良いような気もしますが、あの終わり方から、どんな風に繋げてくるのか…ちょっと楽しみです。

白い魔女を演じたティルダ・スウィントンは、『コンスタンティン』で初めて観て、妙に中世的で、擦れた天使役が印象的でした。今回は、今まで観たどんなファンタジーの女王様とも違い、怖いくらいの冷血感が印象的です。
Posted by : 亜都 | な行 | 17:24 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
Posted by : スポンサードリンク | - | 17:24 | - | - | - | - |
コメント









この記事のトラックバックURL
http://grapebird.jugem.jp/trackback/130
TOP