映研主宰の先輩に言われた強烈な一言、「映画なんてみんな好きだから、趣味なんて言えないよ」。

ちょっと映画好きなアンチOL@亜都の映画鑑賞の記録。
是非、お勧め作品があったら気楽〜ぅに教えて下さい☆
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by : スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
<< 春の雪 | main | この胸いっぱいの愛を >>
世界の中心で、愛をさけぶ
評価:
大沢たかお,柴咲コウ,長澤まさみ,森山未來,山崎努,行定勲,片山恭一
正直…
出演者のレベルの高さが目立った作品
観る順番まちがえました、すいません
職場で一夜を明かした朔太郎、恋人との約束をうっかり忘れてしまった彼の元には、彼女の置手紙。
故郷の町の台風中継、偶然TVに映った彼女を見掛ける。彼女を追い駆けて、四国の海辺の町を訪れると、亡くなった高校時代の恋人との思い出が蘇ってきた―。

片山 恭一の同名小説、大ベストセラーの映画化。
本を読み、映画化に続き、TVドラマにもなったので、多少違えどストーリーの大筋は知ってたから、感動が薄れてくのが難点S

高校時代の恋人の死、
青年がずっと抱えてきた喪失感、
そんな彼を愛した女性…
過去の淡くせつない思い出と、現在の愛の葛藤―


本屋さんのオススメ、売り上げランキング1位だから手に取ったけど…
読んでみると、みんなどうして感動したのだろうかと、わからなくなった。
深入りできない!
感動作?? どうして??

たぶん…
それは喪失感、思い出をズルズル引き摺ってしまうことへの拒絶反応が私をそうさせる。
この作品は、個人的な理由で好きになれない。
なんとなく…好きな人、ごめんね。
Posted by : 亜都 | さ行 | 17:09 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
Posted by : スポンサードリンク | - | 17:09 | - | - | - | - |
コメント









この記事のトラックバックURL
http://grapebird.jugem.jp/trackback/123
TOP