映研主宰の先輩に言われた強烈な一言、「映画なんてみんな好きだから、趣味なんて言えないよ」。

ちょっと映画好きなアンチOL@亜都の映画鑑賞の記録。
是非、お勧め作品があったら気楽〜ぅに教えて下さい☆
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by : スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
<< イルマーレ | main | イン・ザ・プール >>
カサノバ
評価:
ヒース・レジャー,シエナ・ミラー,ジェレミー・アイアンズ,オリヴァー・プラット,レナ・オリン,ラッセ・ハルストレム
従来のラッセ・ハルストレム映画とは異なりますが、文句なく楽しめるウエルメイドな快作。
The music is one of the actors
チャーミングなヒースにクラクラ
18世紀、ヴェネチアに、娼婦から修道女まで落とせない女性はいないという評判のプレイボーイ@ジャコモ・カサノバがいた。
女性との密通の罪で何度も捕らえられるも、総督の後ろ盾によって放免になっていたが、
騒動と悪評もそろそろ潮時、良家の子女との結婚が必要になり、花嫁探しを始めることになる。

水の都ヴェネツィアを舞台に、最も女性にモテた男@カサノバの恋と冒険を描く―
監督は、『ショコラ』『サイダー・ハウス・ルール』のラッセ・ハルストレム。
カサノバを演じたのは、『ブロークバック・マウンテン』『ブラザーズ・グリム』のヒース・レジャー。

前評判を信じることなく、期待して観たんですが、やはり外れてしまいました。
カサノバは伝説のプレイ・ボーイ、そのイメージが強過ぎてサラッとし過ぎて色気不足な感じです。
ヒース・レジャーが魅力不足というわけではなく、これでは、よほど強烈にSexyで自己主張が強い俳優が演じない限り無理っぽいかも…。(光源氏を演じる時のような別格さで。)
でも、ヴェネツィアでオールロケを慣行しただけに、仮面舞踏会等の雰囲気は華麗です。
Posted by : 亜都 | か行 | 17:05 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
Posted by : スポンサードリンク | - | 17:05 | - | - | - | - |
コメント









この記事のトラックバックURL
http://grapebird.jugem.jp/trackback/121
TOP