映研主宰の先輩に言われた強烈な一言、「映画なんてみんな好きだから、趣味なんて言えないよ」。

ちょっと映画好きなアンチOL@亜都の映画鑑賞の記録。
是非、お勧め作品があったら気楽〜ぅに教えて下さい☆
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by : スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
<< ハチミツとクローバー | main | カサノバ >>
イルマーレ
評価:
キアヌ・リーブス,サンドラ・ブロック,ディラン・ウォルシュ,クリストファー・プラマー,アレハンドロ・アグレスティ
心温まるロマンティックストーリー
キャスティングがよかった
ちょっと物足りない・・・
シカゴの病院に勤める医師ケイトは、湖畔に立つガラス張りの家から引っ越すことになった。
家を出る時、彼女は郵便ポストに次の住人に宛てた手紙を残した―
「郵便物の転送をお願いします。玄関の犬の足跡は元からありました」

手紙を受け取ったアレックは、玄関を見たが犬の足跡はなかった。
しかし、翌日、迷い犬がペンキで足跡をつけた。
彼がこのことをケイトに手紙で知らせたことから、2人の手紙の遣り取りが始まり、ケイトが2年後の世界にいることを知る。

今作は、韓国の同名映画のリメイクなんだそうだ。
主演は、『スピード』でも共演し、プライヴェートでも親交のあるというサンドラ・ブロック×キアヌ・リーブス。
監督のアレハンドロ・アグレスティは、オランダで活躍してきたアルゼンチン出身の名匠だそうだ。
(不勉強故に、この監督の他の作品はわからない…。)

いつもながら…キアヌ・リーブスのラブストーリーって、穏かでいいですね。
容貌だけ見ていると年齢不詳です、15年くらい変わらない感じ…S

悪くは無かったです。
設定も面白かったし、大人の純愛というのも新鮮な感じでした。
やっぱり、元が韓国映画のせいかな?
こんなに何年も、待てるものなんでしょうか…私なら自信がありません。
原題は『The Lake house』、イルマーレという邦題は韓国版のオリジナルにちなんだもの。
Posted by : 亜都 | あ行 | 17:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
Posted by : スポンサードリンク | - | 17:02 | - | - | - | - |
コメント









この記事のトラックバックURL
http://grapebird.jugem.jp/trackback/120
TOP