映研主宰の先輩に言われた強烈な一言、「映画なんてみんな好きだから、趣味なんて言えないよ」。

ちょっと映画好きなアンチOL@亜都の映画鑑賞の記録。
是非、お勧め作品があったら気楽〜ぅに教えて下さい☆
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by : スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
<< バベル | main | レディ・イン・ザ・ウォーター >>
トロイ
評価:
ブラッド・ピット,エリック・バナ,オーランド・ブルーム,ダイアン・クルーガー,ブライアン・コックス,ピーター・オトゥール,ローズ・バーン,ウォルフガング・ペーターゼン,デイヴィッド・ベニオフ
トロイア伝説
I lived in the time of Achilles
俳優の名声のみに頼った作品
スパルタとトロイの両国が長年続いた戦いを終わらせ、やっと友好を結んだ時、トロイの第2王子パリスはスパルタの王妃ヘレンと恋に落ち、自国へ連れ帰ってしまう。
妻を奪われ、侮辱を受けたスパルタ王は、彼女を奪回することを決意、ギリシャ軍を味方に付けたスパルタとトロイは、再び全面戦争に突入する。
ギリシャ軍には最強の戦士、アキレスがいたが、彼は参戦に気乗りしなかった。
しかし、彼の自分の身代わりに殺された従弟の報復のため、実母に死の予言を受けつつもトロイへ進軍するのだった。

監督は『ネバーエンディング・ストーリー』『アウトブレイク』のヴォルフガング・ペーターゼン。
「オーランド・ブルームはハンサムだけど、イマイチな役が多いよね」と友人曰く…あー、否定できないかも。
優しさと強さを兼ね備えた、悲劇の王子ヘクトルを演じたエリック・バナが素敵。

興味が無かったんだけど、観てみたら、意外と面白かった。

詩人ホメロスの叙事詩で有名なトロイの木馬。
敗北の印として、生贄と共にトロイへの貢物として捧げられたと思い込んだ木馬を、難攻不落の城内に喜んで迎えてしまったトロイは壊滅。
…こういう思考を理解できないのは、文化や宗教的な違いかしら??
トロイ戦争の英雄である、ギリシャのアキレス、女神テティスが黄泉の川ステュクスに踵を浸け忘れたことで、踵が彼の唯一の弱点となった神話のエピソードもあり、解りやすくて良かった。
Posted by : 亜都 | た行 | 16:57 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
Posted by : スポンサードリンク | - | 16:57 | - | - | - | - |
コメント









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
TOP