映研主宰の先輩に言われた強烈な一言、「映画なんてみんな好きだから、趣味なんて言えないよ」。

ちょっと映画好きなアンチOL@亜都の映画鑑賞の記録。
是非、お勧め作品があったら気楽〜ぅに教えて下さい☆
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by : スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
<< 28日後... | main | コラテラル >>
ロミオ&ジュリエット
評価:
レオナルド・ディカプリオ,クレア・デーンズ,ジョン・レグイザモ,バズ・ラーマン
クールなラブコメディ
様式美を楽しむ作品
『ムーラン・ルージュ』のバズ・ラーマン監督作品。
舞台を現代に、モンタギュー家とキャピュレット家をギャングという設定に変更するなど、シェイクスピアの原作を大胆なアレンジで映画化。

まだ若くて、線の細いロミオとジュリエットは、とにもかくにも、ビジュアル的に美しい。
『タイタニック』よりも、この作品の方が好きだなー。
ヒロインのクレア・デーンズとの水槽を挟んだ出会いのシーンはとっても素敵だった。

二人の恋愛期間は出会いから、たった4日間…
劇的な出会い、急上昇するような熱愛、敵対する家族、悲劇的な結末、
多少のアレンジを加えても、やっぱラヴ・ストーリーの代名詞!
いいですね〜、
シェイクスピアの話の中では1番好きです。
Posted by : 亜都 | ら行 | 14:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
Posted by : スポンサードリンク | - | 14:02 | - | - | - | - |
コメント









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
TOP