映研主宰の先輩に言われた強烈な一言、「映画なんてみんな好きだから、趣味なんて言えないよ」。

ちょっと映画好きなアンチOL@亜都の映画鑑賞の記録。
是非、お勧め作品があったら気楽〜ぅに教えて下さい☆
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by : スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
<< 誘う女 | main | スプリング・ガーデンの恋人 >>
キリング・ミー・ソフトリー
評価:
ヘザー・グラハム,ジョセフ・ファインズ,ナターシャ・マケルホーン,イアン・ハート,チェン・カイコー
妻と一緒に観るのは気がひけます。
脚本の出来は悪いが、ヘザー・グラハムが魅力的!
ネタバレ注意
ロンドン在住のアメリカ人キャリアウーマンのアリスは、出勤途中の交差点で不思議な男アダムと出会う。
2人は一瞬にして強く惹かれ合い、激しく愛を交わす。

登山家であるアダムは、滑落事故で恋人を救えなかったことを後悔していると語り、それに心を動かされたアリスは、同棲中の恋人ジェイクに別れを告げ、アダムと結婚する。
しかし、次第にサディスティックになっていくアダムの愛情表現に恐怖を感じるようになる。加えて、彼の過去を知った彼女は…。


『さらば、わが愛〜覇王別姫』のチェン・カイコー監督、ハリウッド進出作。
原作は、ジョーン・フレンチとニッキ・ゲラードというジャーナリストの夫婦が、ニッキ・フレンチのペンネームで書いた英国のベストセラー小説『優しく殺して』。

突然訪れた運命的な恋に身を任せた女性の、官能サスペンス。
ヘザー・グラハムがオールヌードで挑んでたのには、正直驚きました。
共演は『恋に落ちたシェイクスピア』のジョセフ・ファインズ。
大胆なSEXシーンが話題になりましたが、ヤラしさはなく…。(うーん、でもやっぱR指定だよねぇ?)
小物遣い、色彩感覚がサエた映像、やっぱキレーです。
Posted by : 亜都 | か行 | 13:34 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
Posted by : スポンサードリンク | - | 13:34 | - | - | - | - |
コメント









この記事のトラックバックURL
http://grapebird.jugem.jp/trackback/100
TOP