映研主宰の先輩に言われた強烈な一言、「映画なんてみんな好きだから、趣味なんて言えないよ」。

ちょっと映画好きなアンチOL@亜都の映画鑑賞の記録。
是非、お勧め作品があったら気楽〜ぅに教えて下さい☆
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by : スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
<< 真珠の耳飾りの少女 | main | 裸のマハ >>
タイタス
評価:
アンソニー・ホプキンス,ジェシカ・ラング,ジョナサン・リース・マイヤーズ,アラン・カミング,ジュリー・ティモア,ウィリアム・シェイクスピア
圧巻!!ジュリーテイモアの才能
実験の仮面をかぶった凡作
奇抜過ぎ
舞台『ライオンキング』の演出で、女性初のトニー賞を受賞したジュリー・テイモア監督作品。
シェイクスピアの37本の戯曲中、最もショッキングな作品と言われる、『タイタス・アンドロニカス』の映画化。

古代ローマ、将軍タイタス・アンドロニカスは、ゴート族との戦いで戦死した息子の霊を慰めるために、敵方の女王タモラの懇願を聞き入れず、長男を生け贄に捧げた。
タモラはタイタスへの復讐を誓う。

娘を沼地に置き去りにされるシーンが、非常にエグくて印象的だった作品。
この2人の復讐が復讐を呼ぶドラマに散りばめられているのは、謀略、レイプ、手首の切断、カニバリズムといったおどろおどろしいエピソードの数々。
やたら人が死ぬし、残忍でグロテスク…なはずなんですが、それほど気持ち悪くはないのは何故だろうか。(私、麻痺してるのかな?)


上映当時映画館で観ましたが、非常に長い。(2時間42分)
途中、我慢出来ずにトイレに立った映画は、今まででこれが最初で最後(にするつもり。

シェイクスピア作品の映画化はたくさんあるけど、『タイタス・アンドロニカス』はレアですね。
他にあるかな?
大好きなアンソニー・ホプキンスにつられて観ました。
この後、『ハンニバル』が上映され、それを観た時、なんか似たところがあると思ったりした(笑)
時代背景と小物類のミスマッチも、面白いです。
Posted by : 亜都 | た行 | 17:43 | comments(0) | trackbacks(1) | - | - |
スポンサーサイト
Posted by : スポンサードリンク | - | 17:43 | - | - | - | - |
コメント









この記事のトラックバックURL
http://grapebird.jugem.jp/trackback/10
トラックバック
タイタス2000年11月25日 | 上映時間 = 162分| 製作国 = アメリカ| 言語 = 英語| 制作費 = | 興行収入 = | 前作 = | 次作 = | allcinema_id = 161486| kinejun_id =| amg_id =| imdb_id = 0120866}}タイタス(Titus)は1999年制作のアメリカ映画。シェ
| らんの部屋 | 2007/09/15 4:52 AM |
TOP