映研主宰の先輩に言われた強烈な一言、「映画なんてみんな好きだから、趣味なんて言えないよ」。

ちょっと映画好きなアンチOL@亜都の映画鑑賞の記録。
是非、お勧め作品があったら気楽〜ぅに教えて下さい☆
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by : スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
ある公爵夫人の生涯
評価:
---
No Plot
華麗な衣装も見どころ。
贅沢三昧できても、とても不幸な女性に思えた。

 それは、誰もが羨むセレブ婚のはずだった…。

“18世紀のダイアナ妃”誰もが愛した公爵夫人、夫以外は…


主演:キーラ・ナイトレイ、レイフ・ファインズ
監督:ソウル・ディブ


18世紀後半イギリス。
社交界で、ファッションリーダーとして憧れの的となりながら、波瀾万丈の人生を送った公爵夫人がいた。
奇しくも故ダイアナ妃の直系の祖先で、その名はジョージアナ・スペンサー。
17歳でスーパーセレブのデヴォンシャー公爵と結婚。その美しさとバイタリティに国中が魅了されるが、いちばん愛してほしかった夫だけが彼女を愛さなかった。男子を産まない彼女を見下し、彼女の親友を愛人にして同じ館に住まわせた。
そして、後に英国首相となるチャールズ・グレイとの真実の愛…それは、人妻の彼女には許されないものだった。


政治活動に熱心で、美しくファッションセンスも抜群だった女性。
夫の愛人に長く悩まされ、実母も味方にはなってくれない。
跡継ぎとなる男子に中々恵まれず、辛い時を長く過ごし、時代ゆえに、真実の愛は許されなかった。

それでも、母親として、デヴォンシャー公爵夫人として、凛として人生を歩いていく。
彼女は48歳で亡くなるまで、夫と愛人と共に暮らし、彼女の遺言によって、夫は後に愛人と再婚する。
彼女の恋人@チャールズ・グレイは、大の紅茶好きで、その名は「アール・グレイ」の由縁となったそう。


現代に普通のパンピーとして生きて、良かった。
キーラ・ナイトレイって、こういう役柄が似合うよなぁ…と思う。
ミューズの彼女のヘアメイクは、やっぱりCHANELだそうな。

Posted by : 亜都 | あ行 | 00:19 | - | trackbacks(0) | - | - |
イエスマン “Yes”は人生のパスワード
評価:
---
楽しかった
こういう時代だからこそ!
"YES"の魔力を味わおう

3年前に離婚して以来、銀行マン@カール・アレンの毎日はウンザリするような“NO”の連続。
貸付けが仕事だが、ローンの申請を却下し続け、プライベートでも友人の誘いに背を向けるネガティブな日々を送り、結果、昇進の機会を逃し、友情も壊れかけていた。

ある日、元同僚のニックに強引に誘われて参加した自己啓発セミナーで、カリスマ主宰者テレンスの迫力に押され、今後は何があっても“YES”と答えると誓いを立ててしまう。

“ノー・マン”から“イエス・マン”へ。
半信半疑で始めた“YES”修業で、どんよりとしたマンネリな日々が心躍るカラフルな人生に180度様変わりし、魅力的な女性アリソンとの新しい恋のチャンスも巡ってくれば、とんでもない騒動も巻き起こす。


主演:ジム・キャリー、ゾーイ・デシャネル
監督:ペイトン・リード

監督は『チアーズ!』のペイトン・リード。主演は、言わずもがな、ジム・キャリー。

ジム・キャリーは好きな役者さんの一人です。
雨降りのデートで、思い付きで観た1本でしたが、前向きな好い作品でした。
ヒロイン役のゾーイ・デシャネルも魅力的だったしね♪

ジム・キャリーは銀行員多いなぁ…。

Posted by : 亜都 | あ行 | 10:43 | - | trackbacks(0) | - | - |
噂のアゲメンに恋をした!

評価:
---
何が言いたいのか分からない
ジェシカ・アルバが可愛い〜
ぼくアゲメン!OK〜
子どもの頃、“一生幸せになれない”呪いをかけられた歯科医師のチャーリー。
しかし、彼は女性たちから“幸運のお守り”と呼ばれていた。
“チャーリーと一夜を共にすると幸せになれる”と噂が広がり、モテモテ状態。

しかし、彼と寝た女性たちが、彼の次に出会った男たちと幸せになっていく、
そのために、彼と寝たがるという現実に心を痛めていく。

そんな中、彼は元カノの結婚式で出会った、
ペンギン飼育員のキャムに本気で恋に落ちて…。



大好きなキャムと身体を重ねてしまったら、
彼女に自分ではない“運命の人”が現れてしまうかもしれない…

その不安に駆られて、ジタバタするチャーリーがおかしい。

ドジでペンギン・フェチのキャム役のジェシカ・アルバが超Cute!
B級だろうな〜と思ってはいたけど、可愛いからいいや♪

主演:ジェシカ・アルバ、デイン・クック
監督:マーク・ヘルフリッチ

監督はこれが初監督作品なのかな?
エロいコメディ、現実がつらい時に気楽に観るにはいいよね。
Posted by : 亜都 | あ行 | 19:45 | - | trackbacks(0) | - | - |
いつか眠りにつく前に
評価:
スーザン・マイノット
死を前にして、人は何を想うのか?
女優(の芸)を見せる映画
重い病に倒れた老女アンは、2人の娘と夜勤の看護婦に見守られ、自宅のベッドで静かに人生の最期を迎えようとしていた。
混濁する意識の中で、アンは娘たちが聞いたこともない「ハリス」という名を口走る。彼女の意識は40数年前の夏の日へと戻っていた…。
若い頃歌手を目指していたアンは、親友ライラの結婚式でブライズメイドをするため、ライラの別荘を訪れた。そこで、ライラの弟で大学の同級生だったバディと再会。さらに一家のメイドの息子で、今は医者をしているハリスと出会う。

人生の終わりを目の前にして、たった二日間で終わってしまった恋を思い返す老女と、そんな彼女を看病しながら自分の人生を見つめ直す2人の娘の物語。
老女アンを演じたのは、イギリスの名女優ヴァネッサ・レッドグレイヴ。メリル・ストリープが親友ライラ役を演じる。
メリルの実娘メイミー・ガマーが若き日のライラを、またヴァネッサの娘ナターシャ・リチャードソンがアンの長女役で出演と、二組が豪華親子共演。
(若き日のアンを演じたのは、クレア・デインズ。)

主演:クレア・デインズ、ヴァネッサ・レッドグレイヴ、メリル・ストリープ
監督:ラホス・コルタイ

若き日の報われなかった恋の切ない思い出。
疑いようのないいい作品のはずなのに、疲れていたせいか、途中で眠ってしまいました。
いつか、リベンジしてみよう…。
Posted by : 亜都 | あ行 | 10:28 | - | trackbacks(0) | - | - |
L change the WorLd
評価:
---
つまらなくはないと思います
インテリジェンスを感じさせない駄作
悪くないと思うよ
キラ事件解決の代償として、唯一無二のパートナー@ワタリを失い、自らもデスノートによる究極の選択をしたL。
そんな彼の元に、ウイルス感染で消滅したタイの村で唯1人生き残った少年が送られてくる。
そして、もう1人。
ウイルス研究をしていた父親から、あるものを託された少女真希が飛び込んでくる。

新たな死神の出現を察知したLは、2人の子どもを守りながら、人生最後の難事件に挑むのだった。
『デスノート』『デスノート the Last name』のLを主人公にした、another story。

主演:松山ケンイチ、工藤夕貴、藤村俊二
監督:中田秀夫

悪くは無いですが、『デスノート』よりかは、薄っぺらい感じはあります。
Posted by : 亜都 | あ行 | 20:28 | - | trackbacks(0) | - | - |
アイ・アム・レジェンド
評価:
---
残念。
いつの間にやら人類滅亡の危機
辛口でいかせてもらいます
主演:ウィル・スミス、アリシー・ブラガ
監督:フランシス・ローレンス

2012年、ウイルスに汚染され、人類のほとんどが死滅してしまったN.Y.
誰もいない街でたった1人、ウイルスの血清を研究している科学者のロバート・ネビル。彼は究極の孤独と闘いながら、愛犬サムとともに生存者の存在を信じてラジオで交信を続けていた。
太陽の光が消え去ると、一斉にうごめき出す不気味な影“ダーク・シーカーズ”の脅威と闘いながら、途切れそうになる希望をたぐり続ける日々。
果たして、彼は血清を発見し、残り少ない人類を救うことは出来るのか?

リチャード・マシスンのSF小説『地球最後の男』、3度目の映画化。
監督は『コンスタンティン』のフランシス・ローレンス。

映画化は3度目、何だかどこかで観たような気もしないでもない…。
予告編にはまったく出てきませんが、ゾンビ映画なんですね。

突然3年の月日が経ってしまったので、初めの頃はイマイチストーリーが掴めませんでしたが、主人公の孤独感は、とても丁寧に描かれていたので、よく理解できました。
英雄的なラストも申し分無かったし、悪い作品ではありません。
でも、うーん、新鮮味はあまりないかもです。
Posted by : 亜都 | あ行 | 23:42 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
犬神家の一族 (2006年)
評価:
石坂浩二,松嶋菜々子,尾上菊之助,富司純子,松坂慶子,萬田久子,奥菜恵,深田恭子,市川崑,横溝正史
リメイク、大成功!?
比べてはいけない
監督っ!一大事です!!
信州の製薬王@犬神佐兵衛が他界。
血縁関係者が揃った場で公開された遺言状には、3人の孫のいずれかとの結婚を条件に全財産を、佐兵衛の恩人の孫娘珠世に譲渡するという内容だった。
珠世をめぐる3人の男たちによる争奪戦が繰り広げられ、遂には殺人事件が…。
遺言状を預かる法律事務所から仕事の依頼を受けた名探偵金田一耕助は捜査に乗り出すのだが、連続殺人事件に発展してしまう。

1976年の同監督作品のリメイク。(角川映画第一弾だったそうだ。)
金田一を演じるのは、30年の時を経て石坂浩二。
他にも同じ役を演じる加藤武と大滝秀治、そして前回は三姉妹の次女と三女を演じた草笛光子と三條美紀が違う役で出演している。

1976年にこの『犬神家の一族』、1977年『悪魔の手毬唄』『獄門島』、
1978年『女王蜂』、1979年『病院坂の首縊りの家』。
ちなみに市川崑監督の『八つ墓村』は1996年で、豊川悦司が金田一を演じた。

他にも、キャストや監督を変えて、横溝正史の『悪魔が来たりて笛を吹く』や『悪霊島』『本陣殺人事件』『三っ首塔』と金田一シリーズはこれまで、色々映画化されていますが、石坂浩二主演のものが1番好きです。
『犬神家…』って、象徴的な仮面の佐清さんも相当気味悪いし、逆立ち状態で湖に刺さってたり、菊人形と頭を挿げ替えられてたり、死に方が印象的。
その点では『獄門島』も嫌だけど…。

どれも何となく似ているところがあって、ボーッとしながら観てると混ざるよねS
(私だけかな???)

『病院坂の首縊りの家』を先日初めて観たけど、やっぱ『犬神家…』が個人的には1番好きかも。
Posted by : 亜都 | あ行 | 20:37 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ウェイトレス~おいしい人生のつくりかた
評価:
ケリー・ラッセル,エイドリアン・シェリー
とてもすばらしい!
期待はずれ
うーん・・・。
アメリカ南部の田舎町。評判のパイを焼くのは、ウェイトレスのジェンナ。
美味しい彼女のパイは、食べた人を幸せにするが、彼女自身の人生は“甘く”なかった。
束縛系の夫との生活に希望を無くしかけていたが、別れる決意をし自立を夢見ていたのだが、そんな時に予期せぬ妊娠が発覚!
迷いながら、クリニックを訪れ、そこで出会ったのは赴任してきたばかりの産婦人科医ポマター医師と出会う。


自分の感情を表現した、パイのネーミングが面白い。
『恋するチョコパイ』は比較的普通だけど、『アール@夫の赤ん坊なんていらないパイ』『不倫は悪いし、アールに殺されたくないパイ』は突飛だね。

今作は、女優としてドーンを演じ、監督・脚本も手掛けたエイドリアン・シェリーの遺作。
Posted by : 亜都 | あ行 | 23:47 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
UDON
評価:
ユースケ・サンタマリア,小西真奈美,トータス松本,升毅,片桐仁,要潤,小日向文世,本広克行,亀山千広,戸田山雅司
ソウルフードうどんとファミリービジネスの佳作
今となっては、
イマイチでした
「世界を笑わせる」と言い放ち、一流コメディアンを夢見てNYに渡った松井香助。
…しかし、夢破れ、借金を抱え、捨てたはずの故郷@香川に戻ってくる。うどん打ちしか能がない頑固親父の背中を眺めながら、居心地の悪い思いをしていた。

ある日、広告代理店に勤める悪友@庄介の紹介でタウン情報誌「さぬき」に職を得た香助は、香川名物さぬきうどんのコラムを企画する。
やがて、空前の讃岐うどんブームが巻き起こるのだが…。

今作は、“讃岐うどん”をテーマに、『踊る大捜査線』チームが挑んだ。
主演は、ユースケ・サンタマリア。痛い目に遭っても、懲りない主人公は、彼のイメージにピッタリぴかぴか
悪友の庄介を演じた、トータス松本も好い感じです。

面白かったです。『踊る…』より、私は好きかも!
釜揚げうどんに、食べたくなりましたニョロ
生卵に、だし汁かけて…アスパラの天ぷらも美味しそう☆
Posted by : 亜都 | あ行 | 23:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
オーシャンズ13
評価:
マット・デイモン,アンディ・ガルシア,アル・パチーノ,ブラッド・ピット,ジョージ・クルーニー,スティーブン・ソダーバーグ
やられたらやり返す、でもとても洒落た戦法
文句なしに楽しめます。
ちょっとお暇な時に♪
“オーシャンズ”のメンバーの1人、ルーベンが心筋梗塞で倒れた。
原因は世界的なホテル王ウィリー・バンクの裏切り。だまされ、切り捨てられたショックで病に伏してしまった。
ルーベンの病床にかけつけたオーシャン達は、復讐を開始。
舞台は、バンクが新たにラスベガスに建設する、セキュリティ万全のカジノホテルだ。

JUGEMテーマ:映画


とっても、面白かったです。
豪華CASTの“犯罪ドリームチーム”が第三弾。
前作で敵役を演じた、アンディ・ガルシアやヴァンサン・カッセルも出演。

何だか2作目よりも好きかもー!!
正月ゴロゴロしながら観たDVDの中では、文句なしに癸院幣弌
(狭いなー。)
Posted by : 亜都 | あ行 | 22:33 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
TOP