映研主宰の先輩に言われた強烈な一言、「映画なんてみんな好きだから、趣味なんて言えないよ」。

ちょっと映画好きなアンチOL@亜都の映画鑑賞の記録。
是非、お勧め作品があったら気楽〜ぅに教えて下さい☆
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by : スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
サヨナライツカ
評価:
---
いまいちかな…
冷静と情熱のあいだが好きな人におすすめ
年代によって評価が分かれそう


主演:中山美穂、西島秀俊
監督:イ・ジェハン 


1975年、航空会社勤務の東垣内豊は、婚約者の光子を東京に残し、バンコク支社に赴任した。
有能で端正な容姿を持つ豊は、仕事も恋愛も順調だったが、ある日、謎めいた女性雨宮沓子と出会う。


ホテルのスイートルームに住み、金にも愛にも困らない奔放な沓子。
そんな彼女に豊は唐突に惹かれ、情事を重ねていった。
いつしか“遊びのつもり”が、そうではなかったことに気付くが、
光子との結婚式を目前に控え、二人は別れを決意する…



25年の時を経て、二人はバンコクで再会するが…




中山美穂は、12年振りの映画主演なんだそうです。
原作は、夫である辻仁成のベストセラー小説。
2002年に行定勲監督が中山美穂主演で映画化する予定でしたが、一旦は白紙となり、今回『私の頭の中の消しゴム』のイ・ジェハン監督で現実のものとなりました。



中山美穂は、相変わらず綺麗だったし、
彼女が演じる沓子の生き方もカッコ良かったけれど、感傷的なラブストーリー。
個人的には、『Love Letter』の印象が強い私には、
沓子の若かりし日々の官能的でゴージャスなイメージは、多少の違和感がありました。



死ぬ前に、「愛したこと」「愛されたこと」のどちらかを思い出すと思うかなんて、
考えた記憶がありませんが…
愛された思い出の多い方が幸せな人生かなと、思います。

Posted by : 亜都 | さ行 | 11:59 | - | trackbacks(0) | - | - |
のだめカンタービレ 最終楽章 前編
評価:
のだめオーケストラ,エデルマン(セルゲイ),ロンドン・フィルハーモニック・オーケストラ,ラン・ラン,東京フィルハーモニー交響楽団,池田昭子,太田雅音,金子鈴太郎,小山清,ペク・ジュヤン
スタッフに星5つ
素敵(^^)!
涙腺決壊アルバム

フランス、パリ。
物語は、昨年正月放送分のスペシャルドラマの続きより、始まる。

指揮コンクールで優勝した千秋は、若き日のシュトレーゼマンが指揮を務めた「ルー・マルレ・オーケストラ」の常任指揮者に任命される。
だが、伝統ある老舗オケにも関わらず、資金不足で団員のやる気はゼロ、演奏も大雑把で低レベル…。
一時は絶望した千秋だったが、やがてオケの大々的な立て直しに取りかかる。

一方、コンセルヴァトワール(音楽学校)に通うのだめは、千秋を見守りながらも進級試験に向けて猛練習を開始する。

主演 : 上野樹里、玉木宏
監督 : 武内英樹


クラシックブームを巻き起こした、人気ドラマの映画化。
原作は二ノ宮知子の同名コミック、累計3200万部を突破した人気作品。

主観的な好みですが、わかりやすくてドラマから好きなんです、
だから当然のように面白かったと感じました

映画版は、フランス、チェコ、スロバキア、オーストリアなどヨーロッパ各地で撮影を敢行。
今回の映画の中ではウィーンの学友協会など、名立たるホールでのコンサート・シーンは必見です


春に公開される後篇も楽しみです



JUGEMテーマ:映画

 
Posted by : 亜都 | な行 | 00:07 | - | trackbacks(0) | - | - |
MW−ムウ−

16年前、ある島の島民全員が死亡する事件が発生。
その事実は、政府の手で一夜のうちに闇に葬られ、事件は忘れ去られるはずだった。
…だが、惨劇のすべてを目撃していた2人の少年が、神の悪戯で生き残っていた。

現在、地獄を見た少年の1人賀来は、神の道に進み、教会の神父となり、
そして、もう1人の少年結城は美貌と優秀な頭脳を武器に銀行で働きながら、目的のためなら手段も厭わない裏の顔を持つようになっていた。

事件を隠蔽した関係者に近付き、次々と地獄へ突き落としていく結城。
結城を見捨てることが出来ない賀来もまた、巻き込まれていく。
果たして彼の本当の目的とは…!?


主演 : 玉木宏、山田孝之、石田ゆり子
監督 : 岩本仁志


手塚治虫“最大の禁忌(タブー)”と呼ばれた問題作を、実写映画化。

私の玉木君のイメージは、デミオのCMに、『のだめカンタービレ』の千秋先輩。
今回のような冷酷な悪役は、イメージじゃなかったけど、
体重を7キロ絞って役作りしたりと、公開前のTVドラマ放送で既にイメージは払拭。

また、賀来神父役の山田君も原作のイメージはなかった。
でも、二人の関係性もストーリー自体も、原作とは違っていたから、これはこれで

それにしても、これを機に読んだ原作が面白かった
改めて、手塚治虫の偉大さに脱帽

Posted by : 亜都 | ま行 | 23:33 | - | trackbacks(0) | - | - |
幼獣マメシバ
評価:
---
タイトルで損をしてる
道行き一人と一匹(途中から2匹)
マメシバがかわいい

「イヌゴエ」「ネコナデ」に続く動物シリーズ第3弾。

二郎は35歳、無職で実家暮らし。
うまか棒があふれた部屋に一日中閉じ籠り、写真+実名入りのブログを更新し続ける日々。

ある日、父親が突然亡くなり、母親は家出をしてしまったことで途方に暮れていた。
そんなある日、二郎は買い物に出かけた道中でマメシバの子犬に出会う。
追い払っても付いてくるその子犬は、母親が自分を探させるために仕掛けた犬だった…。

主演:佐藤二朗、安達祐実、藤田弓子
監督:亀井亨


佐藤二朗のオタクな演技が可笑しかったです。
ボソボソ、難しい言葉、屁理屈…。
ホントにこんな人、いそうです。

マメシバの一郎は可愛かったです。
Posted by : 亜都 | や行 | 13:17 | - | trackbacks(0) | - | - |
ある公爵夫人の生涯
評価:
---
No Plot
華麗な衣装も見どころ。
贅沢三昧できても、とても不幸な女性に思えた。

 それは、誰もが羨むセレブ婚のはずだった…。

“18世紀のダイアナ妃”誰もが愛した公爵夫人、夫以外は…


主演:キーラ・ナイトレイ、レイフ・ファインズ
監督:ソウル・ディブ


18世紀後半イギリス。
社交界で、ファッションリーダーとして憧れの的となりながら、波瀾万丈の人生を送った公爵夫人がいた。
奇しくも故ダイアナ妃の直系の祖先で、その名はジョージアナ・スペンサー。
17歳でスーパーセレブのデヴォンシャー公爵と結婚。その美しさとバイタリティに国中が魅了されるが、いちばん愛してほしかった夫だけが彼女を愛さなかった。男子を産まない彼女を見下し、彼女の親友を愛人にして同じ館に住まわせた。
そして、後に英国首相となるチャールズ・グレイとの真実の愛…それは、人妻の彼女には許されないものだった。


政治活動に熱心で、美しくファッションセンスも抜群だった女性。
夫の愛人に長く悩まされ、実母も味方にはなってくれない。
跡継ぎとなる男子に中々恵まれず、辛い時を長く過ごし、時代ゆえに、真実の愛は許されなかった。

それでも、母親として、デヴォンシャー公爵夫人として、凛として人生を歩いていく。
彼女は48歳で亡くなるまで、夫と愛人と共に暮らし、彼女の遺言によって、夫は後に愛人と再婚する。
彼女の恋人@チャールズ・グレイは、大の紅茶好きで、その名は「アール・グレイ」の由縁となったそう。


現代に普通のパンピーとして生きて、良かった。
キーラ・ナイトレイって、こういう役柄が似合うよなぁ…と思う。
ミューズの彼女のヘアメイクは、やっぱりCHANELだそうな。

Posted by : 亜都 | あ行 | 00:19 | - | trackbacks(0) | - | - |
TOP